石原さとみの私服ファッションコーデ(春,夏,秋,冬)まとめ!ブランドやセンスも!

なりたい顔ナンバー1の女優の石原さとみさんの私服も含めたファッションコーデが今、若い女性を中心に注目を浴びています。
 
また30代を中心としたOLにも、石原さとみさんのブランドの服に対する着こなしセンスは、上品で活動的に着こなせると人気があります。
 
 
石原さとみさんのファッションセンスを真似してみたいという方のために私服とドラマで着用されたブランド品などのファッションコーデ(春夏秋冬を通して)をご紹介します。
 

スポンサーリンク





石原さとみについて

 

 
石原さとみさんはどういった方でしょうか?
 
ご存知のない方に石原さとみさんのプロフィールをご紹介します。
 
 
石原さとみさんは、1986年12月24日生まれで東京都出身です。
 
ホリプロ系列の俳優養成所である、ホロプロ・インプルーブメント・アカデミーに5期生として所属しました。
 
 
映画「ホ・ギ・ラ・ラ」「船を降りたら彼女の島」で、石神国子の名前で出演されています。
 
2002年に、第27回ホリプロスカウトキャラバン「ピュアガール2002」のグランプリを受賞します。
 
この受賞を経て、芸名を石原さとみとして本格的に女優として活動します。
 
 
石原さとみ名義となったデビュー作は、「わたしのグランパ」です。
 
2003年、「きみはペット」で連続ドラマ初主演となります。
 
 
同じく2003年には、NHK連続テレビ小説「てるてる家族」でヒロイン(岩田冬子役)に石原さとみさんは抜擢され、その後もドラマや映画などに多数出演され、石原さとみさんの知名度があがっているという中にある、注目度の高い女優です。
 

石原さとみの私服ファッションコーデ(春・夏)

 

 
石原さとみさんの私服の春と夏のファッションコーデをみてみることにしましょう。
 
大人の女性らしいベージュ色のワンピースは、実はもっとも難しい色です。
 
 
ワンピースのカラーの模様の色と靴の色を合わせた、統一感を持たせることでドレッシーさをだしたファッションは、女性ならではの可愛さが表現されています。
 
ストレートなセミロングヘアは、スカート丈の長い服のときには好印象を与えます。
 
ウエスト上の切り返しも注目です。
 
夏の季節に、あらたまった場所へ行くときには、おすすめのワンピースのファッションコーデです。
 

 
石原さとみさんの夏の私服としては、活発な印象のファッションコーデです。
 
デニムの短パンでリラックス感がでていますが、タンクトップとメッシュのトップスの組み合わせとブレスレットで女性らしさが主張でき、ロングヘアーともあいまってバランスがとれたファッションコーデだといえるでしょう
 

 
ソバージュ仕立てのセミ・ロングヘアーは、前髪をおろすことでより親近感を感じさせます。
 
白のざっくりとしたトップレスは、デニム素材とも相性がよくスカートでもパンツでも気楽に着用できる組み合わせは定番ながら、袖をまくり上げることで、より躍動感を感じさせる春のファッションコーデだといえるでしょう。
 

 
暑い夏の装いに、一つは欲しいトップスです。
 
肩を出すことで女性らしさが表現できます。
 
 
ロングヘアーを後ろ方向にながれさせ、おでこを見せることで涼しさの印象を与えるファッションコーデとなっています。
 

スポンサーリンク


石原さとみの私服ファッションコーデ(秋・冬)

 

 
続いて、石原さとみさんの私服の秋と冬のファッションコーデをみてみることにしましょう。
 
紺地のトップスに同系色のスカーフで変化をもたせながら、やはり同系色ながら明るく薄い色のロングスカートの組み合わせは秋の通勤などのお出かけファッションコーデとして真似したい取り合わせです。
 

 
裾が幅広のグレーのパンツと袖口が広がった白のトップスはリラックスな雰囲気が見える嫌味のない秋のファッションコーデです。
 
デートや通勤など、おとなしい落ち着いた女性らしさが演出できることでしょう。
 
ジャケットやコートにも合わせやすい配色はアレンジもしやすいので、着用頻度の高い取り合わせだといえます。。
 

 
冬のお出かけには、ロングコートと同系色のショールとのおしゃれな組み合わせで、少しゴージャスなファッションコーデが作りやすくなります。
 
ちょっとしたおでかけにも着替えなく着用しやすいファッションコーデとなるでしょう。
 

 
木枯らしが吹く冬の季節でも、活発に活動したい方には、ハーフコートとトップスのアンサンブルがおすすめです。
 
タータンチェックのミニのスカートは、可愛さを強調させてくれることでしょう。
 
石原さとみさんのようにロングヘアーの女性は、髪をあげることでより可愛さが表現しやすくなります。
 

石原さとみのブランドやセンスも!

 

 
ブランド品を着こなせるのも石原さとみさんのセンスがうかがえます。
 
髪にロングスカーフを巻き込みながら編んでいく手法は、とても上手な方法だといえます。
 
春先のお出かけにもアレンジできるテクニックだといえるでしょう。
 

 
石原さとみさん主演のドラマ「地味にすごい校閲ガール」で着用されたブランドHAREタッセルガラスカーフは、結び目を前にだすことでかたい印象になりがちなジャケットの雰囲気を和らぐ効果がうかがえます。
 
全体の黒のコスチュームに白のブラウスの上に赤いスカーフはアクセントとして使用するというファッションコーデはセンスのよい着こなしだといえるでしょう。
 

 
同じくドラマ「校閲ガール」で着用された衣装です。
 
鮮やかな紺紫のJILSTUARTホールメッシュニットは顔を鮮やかに映し出す効果があります。
 
JILLSTUARTチェスティーワンピースの引き締まった黒の効果と相まってしとやかさと活発さの両方の印象を与えることができる組み合わせです。
 
Zoff(ソフ)サングラスは、おしゃれアイテムとして上手に使用されています。
 
TOD’S(トッズ)のレザーシューズは、全体の統一感をかんじられます。
 

 
石原さとみさんの振袖姿はとても可愛いと若い女性からも人気です。
 
赤い大きな絞り調の花柄に、黒と金色の幾何学模様(きかがくもよう)の袋帯は色のメリハリ感があり、整った印象を与えます。
 
 
帯締めは振袖の色と同じく赤色を使いたいところですが、ファッションセンスのよい石原さんらしく、ブルーの帯締めをアクセントとされています。
 
伊達衿と帯揚げの色をそろえることで、全体的にセンスのよいファッションコーデとなっているといえるでしょう。
 

まとめ

 

 
いかがでしたでしょうか?
 
今回はほんの一部ですが、石原さとみさんの私服ファッションコーデ(春,夏,秋,冬)とブランドを着こなされるテクニックやセンスもまとめてご紹介しました。
 
 
女優である石原さとみさんにとっては、私服さえも注目の的となっています。
 
石原さとみさんのドラマでの衣装はときには真似しづらいものもありますが、ほとんどは着こなしのセンスやテクニックは参考になるものばかりだといえます。
 
この記事があなたのファッションコーデ(春、夏、秋、冬)のお役に立っていただければ幸いです。
 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です