MOMOLANDの歌&ダンスの各上手い順ランキング!パクリの真相もチェック!

韓国の女性アイドルグループMOMOLAND
 
キャッチーで中毒性のある曲で日本でもファンが急増しています!
 
 
メンバーは全部で9人ですが、歌やダンスが上手いメンバーは誰なのでしょう?
 
ランキング形式で大発表します!
 
 
さらにMOMOLANDにはパクリ疑惑がある?
 
その真相についても調べてみました!
 

スポンサーリンク





MOMOLANDの歌上手い順ランキング!

 

 
それではMOMOLANDの歌上手い順ランキングベスト5を発表します!
 
第1位 テハ

 
追加メンバーとしてチームに合流したテハ!
 
途中加入ながらメインボーカルを任されています。
 
 
練習生生活が長く、現事務所に入る前はK.willや現在は解散したSISTARなど一流のボーカリストが多く所属するスターシップエンターテイメントに在籍していました。
 
声が綺麗で、バラードからダンス曲まであらゆるジャンルをこなせる安定したボーカルが特徴。
 
 
JYJのシアジュンスのいとことしても有名ですね。
 
 
 
第2位 ジュイ

 
リードボーカルのジュイが第二位!
 
 
コミカルなキャラクターで知名度ナンバーワンの彼女ですが、「覆面歌王」という顔出しなしの歌番組に出演し実力を認められるなどボーカリストとしても評価されています。
 
力のあるボーカルでライブでも抜群の安定感があり、ラップまで完璧にこなせる実力派です。
 
 
 
第3位 ナンシー

 
MOMOLANDのセンターナンシー!
 
ビジュアルに注目されがちですが、歌もとっても上手いんです。
 
 
顔にぴったり合う甘く可愛らしい声が特徴で、天性のアイドル性を感じさせます。
 
サビパートが多いのもビジュアルだけが理由ではないんですね。
 
 
 
第4位 ジェイン

 
サブボーカルのジェインがランクイン!
 
ソロパートは多くありませんが、実は上手い!
 
力強く伸びのある高音が最大の武器でライブでの安定感も抜群なので、ジェイン抜きではMOMOLANDのボーカルは語れません。
 
 
 
第5位 アイン

 
もう一人のメインボーカルアイン
 
デビュー当時からメインボーカルを担当しており、明るくハツラツとした声が特徴。練習生歴が短いためか、歌は上手いのにライブでの安定感が今ひとつなのが残念。
 
バラードではその美声を存分に発揮でき、OSTなどにも参加しています。
 
 
その他のメンバーのランキングはこちら。
 

第6位 デイジー
第7位 ヘビン
第8位 ヨヌ
第9位 ナユン
 

MOMOLANDのダンス上手い順ランキング!

 

 
続いてダンス上手い順ランキング
 
 
第1位 デイジー

 
途中加入のデイジーですが、元JYP出身だけあってダンスの実力は抜群です。
 
振り付けを正確にこなせる、誰が見ても上手いと思う正統派のダンサーですね!
 
 
 
第2位 ジュイ

 
ボーカルでもランキング入りしたジュイがまたもランクイン!
 
エネルギッシュなダンスでデイジーと並ぶ実力派ダンサーとして評価されています。
 
 
 
第3位 ジェイン

 
メインダンサージェイン!
 
高身長で長い手足を生かしたダイナミックなダンスが魅力!
 
 
YouTubeの公式チャンネルではデイジーと踊る動画がアップされていますのでぜひご覧あれ!
 
二人ともとても上手で見とれちゃいます!
 
https://youtu.be/mg2jsYdEmy4
 
 
さらなるランキングはこちら。
 

第4位 ナンシー 
第5位 テハ
第6位 ヨヌ
第7位 ヘビン
第8位 ナユン
第9位 アイン
 

スポンサーリンク


MOMOLANDにパクリ疑惑!その真相は

 

 
大人気のMOMOLANDには残念ながらパクリ疑惑が・・
 
「Bboom Bboom」はロシアのグループSEREBROの「Mi Mi Mi」、振り付けは日本でブームになったバブリーダンスMVRed Velvetのパクリでは?と話題になりました。
 


 
 
その真相ですが、作曲家は「ジャンル的に類似性はあるがメロディーやコード進行が別物」と盗作を否定しています。
 
それにしては、似すぎているような気もしますが・・
 
 
振り付けやMVについては公式な声明はありませんが、実際どのアイドルグループもトレンドを意識して似たり寄ったりな作品になるのはよくあること。
 
大衆ウケのいいアイデアを使用した結果パクリと言われてしまったようです。
 

まとめ

 

 
MOMOLANDメンバーの歌・ダンス上手い順ランキングは参考になりましたか?
 
ランク外のメンバーももちろん上手いのですが、中でも目立つメンバーをお伝えして見ました。
 
 
パクリについては真相ははっきりしませんが、何かしら参考にした可能性は捨てきれないようです。
 
これからはパクられる側になれるように期待したいですね!
 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です