BTS(防弾少年団)の韓国と日本でのデビュー日はいつ?

こんにちは☆
 
世界中で大人気のBTS(防弾少年団)は今、韓国で最も売れているアイドルではないでしょうか?
 
 
そんなBTS(防弾少年団)も最初からこんなに人気があったわけではなかったんです!
 
大手芸能事務所からデビューするアイドルとは違って、中小事務所出身のBTS(防弾少年団)はデビューした時は全然注目されておらず、すぐに消えるだろうとも言われていたんです。
 
 
そんなBTS(防弾少年団)は韓国だけでなく日本でも積極的に活動しています。
 
日本語で楽曲をリリースしたり、コンサートやファンミーティングも行っていて、韓国とは別に公式ファンクラブも存在します。
 
 
今、世界中でも人気のBTS(防弾少年団)が本国以外で楽曲のリリースなど積極的に活動してくれているのは日本だけなんです。
 
日本のファンから本当にありがたいことですね!
 
 
そこで今回はBTS(防弾少年団)韓国と日本でのデビュー日はいつ?について調べていきたいと思います。
 

スポンサーリンク





BTS(防弾少年団)の韓国デビュー日はいつ?

 

 
BTS(防弾少年団)の韓国デビュー日について調べてみました。
 
調べた結果、BTS(防弾少年団)はBigHitエンターテイメントから2013年6月13日にヒップホップアイドルグループとしてデビューしていたことがわかりました。
 
 
デビュー曲は「No More Dream」で、初パフォーマンスはMカウントダウンでした。
 
デビュー当時、グループ最年少のジョングクはわずか15歳という年齢でデビューしていたんです!!
 
K-pop界の頂点に立った今でもまだ21歳という若さは驚きです。
 
 
BTS(防弾少年団)はBangTanSonyondanの略でグループ名の由来は「10代・20代に向けられる社会的偏見や抑圧を防ぎ、自分たちの音楽を守り抜く」という意味がこめられている。
 
2017年7月から従来のグループ名の意味を維持しつつ「現実に安住することなく、夢に向かって絶えず成長していく青春(Beyond The Scene)」という意味を付け加えたことを発表。
 
 
それとともに、韓国以外の国で活動する際はグループ名を「BTS」で活動しています。
 

BTS(防弾少年団)の日本デビュー日はいつ?

 

 
そしてBTS(防弾少年団)の日本デビュー日についても調べてみました。
 
韓国でデビューして約1年後に所属事務所が既存曲の日本語版で日本デビューすることを発表した後、2014年6月4日にシングル「No More Dream(Japanese ver)」をリリースして日本デビューを果たしました。
 
 
日本デビュー当時はポニーキャニオンに所属していましたが、2017年からユニバーサルミューシックに移籍し、名門レーベル「Def Jam Recordings」のもとシングル「血、汗、涙」を5月10日にリリースしました。
 
 
韓国とは別に公式ファンクラブもあり、日本のファンにチケットの先行受付や様々なコンテンツを提供しています。
 
 
「For you」をはじめとする日本オリジナル楽曲もあり、日本のコンサートでしかみられない歌とパフォーマンスがあるので韓国とは違った特別なステージが見られるんです!!
 
海外ファンからしたら本当に日本のファンは幸せですよね。
 

スポンサーリンク


まとめ:BTS(防弾少年団)は韓国でも日本でも大活躍!!

 

 
今回はBTS(防弾少年団)の韓国と日本でのデビュー日はいつ?について調べていきました。
 
韓国では2013年6月13日にデビューしており、日本では約1年後の2014年6月4日にデビューしていることがわかりました。
 
 
日本でも積極的に活動するBTS(防弾少年団)は日本語の歌詞や会話もたくさん練習して、日本のファンとも交流してくれているんですね。
 
 
日本オリジナル曲も存在してコンサートでは披露してくれるので日本ファンからしたらめちゃくちゃ嬉しすぎです。
 
韓国以外で音楽活動しているのは日本だけなので、世界中のファンからしたら日本ファンは本当に幸せですよね!
 
 
これからも韓国だけでなく日本や世界中で大活躍なBTS(防弾少年団)を応援していきたいと思います。
 
最後まで読んでくれてありがとうございました☆
 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です