BTS(防弾少年団)のアンチが多い理由を徹底解析!反日行動やドタキャンが原因か?

BTS(防弾少年団)のアンチが多い理由を徹底解析!反日行動やドタキャンが原因か?
 
 
 
今、世界中から絶大な人気を誇るBTS(防弾少年団)ですが、一方ではアンチの数も多いと言われています。

人気が高いが故にアンチの数も増えてしまうのかもしれませんが、ファンからするとなんでそんなにアンチが多いのか謎すぎますよね!
 
 
そこで今回はBTS(防弾少年団)のアンチが多い理由を徹底解析していきたいと思います。

そしてこれが原因か?と言われているBTS(防弾少年団)の反日行動やドタキャンについても調べていきたいと思います。

BTS(防弾少年団)のアンチが多い理由を徹底解析!盗作少年団と言われた過去

今では韓国だけでなく世界中から名を知られるほど有名になったBTS(防弾少年団)ですが、最初から人気があったわけではありませんでした。
 
 
以前はBTS(防弾少年団)は「盗作少年団」と言われ多くの誹謗・中傷を受けてきました。

「盗作少年団」と言われた理由については、MVや衣装、舞台演出・広告デザインが似ていることでパクリだと言われていたからです。
 
 
 
また、メンバーのRMが作詞した歌詞の盗作疑惑もあり、謝罪したこともあります。

全てがBTS(防弾少年団)が悪いことではないのに、長い間アンチから「盗作少年団」言われてきっとすごく傷ついたと思います。
 
 
 
BTS(防弾少年団)のコンサートが終わった後にアンチによるSNSの「盗作少年団」ツイートがたくさん投稿されたこと「盗作少年団」がトレンド1位になったこともあります。
 
 
コンサートが終わってBTS(防弾少年団)もARMYもせっかくいい気分なのに、アンチによって悲しい気分にさせてしまったんですね。
 
 
もしかしたら、BTS(防弾少年団)の所属は中小事務所なので、大手事務所よりは立場が弱く他のアイドルのファンから彼らの人気を妬む方も多かったのかもしれません。

BTS(防弾少年団)の反日行動やドタキャンが原因か?

BTS(防弾少年団)は日本でも大人気で音楽活動も多く行ってきました。

そんなBTS(防弾少年団)は反日なんじゃないか?という噂があります。
 
 
それは、デビュー当時にある韓国の番組でカラオケを歌うコーナーがあり、「我らが領土、独島」という竹島についての曲を熱唱していたことが原因みたいです。

番組のコーナーなので本人たちに悪意があったのかはわかりませんが、日本のファンからしたらショックを受けてしまう人もいたと思います。
 
 
 
そしてもう一つ、日本ファンがショックを受けてしまった事件はあるコンサートの日本公演をドタキャンしてしまったことです。

メンバーの二人が目眩などの体調不良を訴え、その日の日本公演が中止になってしまったんです。
 
 
遠征してコンサートに足を運んだファンにとってはかなりショックだったと思います。

しかし、ファンなら無理して我慢しながらステージに立ってもらう方が辛いんじゃないでしょうか?
 
 
もしBTS(防弾少年団)が反日なら日本語も覚えないし、態度も悪いだろうし日本のコンサートで泣いたりなんかしません!

反日行動もドタキャンもBTS(防弾少年団)が故意にしたことではないと思うので、反日だと決めつけるのは難しいと思います。

まとめ

今回はBTS(防弾少年団)のアンチが多い理由を徹底解析していきました。

その中で盗作少年団と言われた過去、反日行動やドタキャンが原因か?についても調べていきました。
 
 
パクリ疑惑や反日行動、イベントの不参加は他のアイドルにもよくあることなのにBTS(防弾少年団)だけ強く言われている気がします。
 
 
きっと、どんどん人気になっていくBTS(防弾少年団)の魅力に嫉妬してアンチが増えちゃったのかもしれませんね。

BTS(防弾少年団)にアンチが多いのは人気がある証拠だということがわかりました。
 
 
アンチの嫌がらせに負けず、自分たちの音楽を守り続けるBTS(防弾少年団)をこれからも応援していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)