少女時代の脱退メンバー3人はいつ抜けたの?理由はいじめや不仲?

K-POPガールズグループ界で、大きな功績を残しながら活動を継続してきた少女時代。

メンバーの絆の強さなどが楽曲同様に注目を集めてきたグループですが、2017年にグループとして大きな変化を迎えK-POP界に衝撃を与えました。
 
 
今回はそんな少女時代について、脱退メンバー3人はいつ抜けたのか脱退の理由はいじめや不仲が原因だったのかについてまとめていきます。

スポンサーリンク





少女時代メンバーは?

少女時代は2007年にSMエンターテインメントが輩出した9人組ガールズグループで、今も活動を続けるK-POPガールズグループでは類を見ない長寿グループです。
 
 
メンバーは、テヨン、ジェシカ、ユナ、ユリ、サニー、ソヒョン、ティファニー、スヨン、ヒョヨンの9人で、2014年のジェシカ脱退で8人編成となりました。
 
 
8人編成になっても変わらない人気で活動を継続的に行ってきましたが、ソヒョン、ティファニー、スヨンの3名が所属事務所のSMエンターテインメントを離れることになり、事実上5人編成となりました。
 
 
 
K-POPガールズグループの完全体での長期的なキャリアの難しさを覆すと期待がされていた少女時代だけにファンの多くが落胆しました。

少女時代を脱退した3人はいつ抜けたの?

ソヒョン、ティファニー、スヨンの脱退時期の前に、脱退に関して議論が分かれる場面でもあるので前置きを入れます。
 
 
議論が分かれるのは、

3名はSMエンターテインメントを離れただけで少女時代からは脱退していない

という意見と、

少女時代はSMエンターテインメントの所有物であり、事務所脱退はグループ脱退と等しい

という2つの意見が存在するからです。
 
 
脱退したメンバーも現在もSMエンターテイメントに在籍する5人のメンバーも、いつか少女時代として活動することを望んでおり、5人での活動を少女時代ではなく、ユニット「少女時代-Oh!GG」としていることを考慮すると、事実上8人での活動再開は厳しいものの3名が脱退したという表現は不正確でしょう。
 
 
 
ソヒョン、ティファニー、スヨンの3名は、2017年の10月10日にSMエンターテインメントが公式で3名との再契約を交わさないことを明らかにし、

少女時代はSMにとってもファンの皆さんにとっても、とても大切で意味のあるグループだ。またメンバーも解散は全く考えていない

と続けて発表したことが報道されました。
 
 
デビューから11年目のことでした。

スポンサーリンク


少女時代脱退理由はいじめや不仲が原因なの?

脱退に関しての動向や理由に各種メディアが大きな関心を寄せていました。
 
 
K-POPガールズグループの脱退にはいじめや不仲説などのネガティブなイメージが先行して捉えられがちですが、3名の脱退はいじめ不仲説ではない可能性の方が高いでしょう。
 
 
少女時代はこれまでにも、メンバーの絆を活動を通じて証明してきたグループですし、ソヒョンは自身のSNSを通じて
 
 
10年が経った今、互いが求めている未来と描いている人生、色がそれぞれ少しずつ違う方向であることを多くの会話を通じて理解し合い、尊重することになった。今後も少女時代として私が必要なところがあればいつでもお姉さんたちと一緒にするために最善を尽くす。そして永遠に少女時代を応援し、共にする
 
 
とコメントしています。
 
 
 
また、メンバーの誕生日には8人揃った集合写真をSNSに投稿していますし、SMを離れたメンバーが現在もSMに所属するメンバーの活動に赴き認証ショットを公開することなどからも、不仲説やいじめが原因ではないと推測できます。
 
 
あくまで、メンバー個人の将来を尊重した決断だったということでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
 
 
SMエンターテインメントを離れた3名のメンバーは少女時代から脱退した訳ではなくメンバー個人の活動を尊重するという理由でした。
 
 
 
長いキャリアの中で、個人として活動を展開していきたい欲は向上心と捉えることができますし、8人が揃って活動を行う機会は当分はないことが予想されますが、少女時代の合言葉「今は少女時代、これからも少女時代、永遠に少女時代」の元、メンバーが揃う日をファンは心待ちにしていることでしょう。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)