BTS(防弾少年団)シュガは対人恐怖症の病気だった?過去の入院理由や現在の症状について調査!

BTS(防弾少年団)シュガは対人恐怖症の病気だった?過去の入院理由や現在の症状について調査!
 
 
 
いつも元気で騒がしい『BTS(防弾少年団)』ですが、メンバーの中でもシュガは口数も少なく静かなイメージです。

「来世は石になりたい」というほど、普段はあまり動かないらしいシュガはメンバーから「おじいちゃん」と言われています。
 
 
 
そしてシュガはBTS(防弾少年団)の中でも作詞・作曲に積極的に関わっているメンバーで音楽が趣味でもある天才なんです。

世界でも人気と名誉を獲得したBTS(防弾少年団)ですが、ここまで成長するまでたくさんの努力と苦悩があったと思います。
 
 
 
シュガがAgustDとして出したミックステープには自身が抱えていた闇や苦悩を告白しています。

そして、シュガは対人恐怖症の病気だった?という情報もミックステープによって世間に知れ渡るようになりました。
 
 
 
芸能界という世界でいろんな人と関わる仕事をしているシュガが対人恐怖症という病気だったなんて信じられない事実ですよね。

一体何があってシュガは対人恐怖症という病気になってしまったのか、過去の入院理由や現在の症状についても気になります。
 
 
 
そこで今回はBTS(防弾少年団)シュガは対人恐怖症という病気だった?についてAgustDのミックステープを通して紐解いていきたいと思います。

また、気になる過去の入院理由現在の症状についても徹底調査していきます!

スポンサーリンク





BTS(防弾少年団)シュガは対人恐怖症という病気だった?

対人恐怖症というのは、病院で適切な治療を受けることで、比較的簡単に楽になる病気です。
 
 
 
そんな、対人恐怖症の人は、

■人前で失敗するのではないか
■恥をかくのではないか
■他人からバカにされたり、変な人と思われたらどうしよう

という心配を抱えています。
 
 
主な症状としては、「手足が震える」「息が苦しい」「動悸がする」「大量の汗をかく」などのものがあります。
 
 
 
シュガがそんな対人恐怖症という病気について言及していたのはミックステープの7番トラック「The Last」です。
 
 

シュガの対人恐怖症について
・対人恐怖症が現れたのは18歳の頃
・人気アイドルラッパーという仮面、うつ病・強迫が時々ぶり返す
・精神科に初めて行った日、両親も上京して一緒に診察を受けた
 
 
と今までの闇と苦悩を告白しファンに多くの衝撃を与えました。
 
 
シュガがAgustDとして公開したミックステープには衝撃を与えるほどの苦悩や闇が伝わってきます。
 
 
 
2番トラックに収録されている「Agust D」3番トラックの「Give it to me」の歌詞では今までアイドルとしてラッパーしてる自分に対して、他のラッパーたちからバカにされたり悪口を言われてきたことがわかります。
 
 
自分は寝ないで努力して今の地位を得たんだと、今まで見下してきた人たちに対するディスが強烈です。
 
 
過去にシュガとRMが出演したラジオ番組ではヒップホップ歌手のB-freeに「メイクもしてアイドルなのになぜラッパーを名乗るの?」と公開批判をした事件もあります。
 
 
シュガはあるインタビューで「事実アイドルとしてデビューしたことですごく萎縮していたんです」と言っていて、きっと私たちの知らないところで悪口をたくさん言われてきたんでしょうね。
 
 
そうやってシュガは対人恐怖症という病気になっていったのかもしれません。

BTS(防弾少年団)シュガの過去の入院理由や現在の症状は?

続いてBTS(防弾少年団)シュガの過去の入院理由現在の症状について調べてみました。

過去の情報によると、シュガは2013年に虫垂炎(盲腸)で入院していたようです。
 
 
 
日本でのスケジュールの途中で腹痛を訴え、盲腸と診断されて帰国して手術したみたいです。
 
 
その時メンバーがお見舞いに来ていた写真もあります。

シュガの過去の入院理由は深刻な病気などではなかっため、現在の症状としては健康みたいなのでよかったですね。

スポンサーリンク


まとめ:世界中から愛されるBTS(防弾少年団)シュガは苦労人だった!

今回はBTS(防弾少年団)のシュガは対人恐怖症の病気だった?や過去の入院理由や現在の症状について調べていきました。
 
 
アイドルとしてデビューしたシュガは多くの批難・中傷を受けて心に深い傷を負い対人恐怖症になっていたことがわかりました。
 
 
過去にあるインタビューで、
 
 
「当時は僕を閉じ込める枠だと思っていたものが、今はフェンスのように感じられ、心がちょっと楽になりました。音楽へのこだわりもちょっと和らぎ、何と言うか、以前よりも視野がはるかに広くなった感じです。」
 
 
と答えています。
 
 
シュガは過去の傷や苦悩を乗り越えて今の地位を獲得できたのかもしれませんね。

これからは音楽を愛するシュガに花道のような人生が待っていたらいいですね。
 
 
 
私たちもシュガの笑顔がいつまでも見られるように応援していきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました☆

スポンサーリンク


日本独占販売

人気のBT21のブルートゥーススピーカ―が国内5,000個限定販売!早いもの勝ちです!

→ 限定独占販売終了まで 残り37つ
(↑残り個数はリアルタイムで反映中↑)

公式サイト:https://bt21.mineprint.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)