浜野製作所と浜野慶一の現在は?場所や工場見学は可能?

2020年5月7日(木) 19時57分~21時00分放送の奇跡体験!アンビリバボー。【下町の崖っぷち工場に起きた奇跡】

そこで、浜野製作所が取り上げられるみたいです。

ということで今回は、「浜野製作所と浜野慶一の現在は?場所や工場見学は可能?」についてみていきたいと思います。

東京都墨田区の町工場「浜野製作所」。 いつも油にまみれて仕事をしている父を尊敬できなかった息子・慶一は、就職活動に入ったある時期に、父から飲みにいこうと誘われる。そこで、父が誇りを持って物作りしていること、父の仕事が社会を支えていることを知り、感銘を受けた慶一は会社を継ぐことを決意する。 父の計らいで他の会社での武者修行に励む慶一だったが、修行がまだ終わっていなかった7年目、父が病に倒れ、この世を去ってしまう。慶一は急きょ修行を切り上げ、2代目社長として製作所を継ぐことに。2年後には母親も他界。1人になってしまった慶一だったが、修行していた工場で苦楽をともにした後輩・金岡が手を貸してくれ、なんとかピンチを乗り越えようとしていた。 しかし、追い打ちをかけるような出来事が起きる。製作所の隣家が火事となり、製作所に火が移り、全焼してしまったのだ。 慶一は次々と襲い掛かる絶体絶命のピンチを切り抜けることができるのか!?

引用:Yahoo!テレビ番組表

スポンサーリンク





浜野製作所と浜野慶一の現在は?

残念なことに隣家の火事に巻き込まれてしまい全焼してしまった「浜野製作所」。

建屋も機械も無くなり倒産危機に追い込まれたようですが、地域の方々に助けられ、火災の6年後には顧客100倍・売上高10倍を実現するまでに復活したとのこと!

以後「お客様、スタッフ、地域」への感謝・還元を経営理念とし、製造業でありながら「おもてなしの心」を大切にしているようです。

【経歴】

1962年:東京都墨田区生まれ
1984年:東海大学政治経済学部経営学科卒業、同年都内板橋区の精密板金加工メーカーに就職
1993年:創業者・浜野嘉彦氏の死去に伴い、浜野製作所代表取締役就任
2000年:本社兼工場が近隣の火災によるもらい火により全焼
2009年:深海探査艇「江戸っ子1号」プロジェクトスタート
2013年:房総半島沖での深海実験で、「江戸っ子1号」が世界で初めて7800mの超深海での3D生物撮影に成功
2014年:ものづくり実験施設「Garage Sumida(ガレージスミダ)」オープン

 

【受賞歴】

2003年優良工場の証となる「墨田区・フレッシュゆめ工場」モデル工場認定
2005年「すみだが元気になるものづくり企業大賞」受賞、「レーザー加工コンテスト」審査員賞受賞
2007年じょうとうIT経営大賞優秀賞受賞、「レーザー加工コンテスト」審査員賞受賞、東京商工会議所「第5回勇気ある経営大賞」優秀賞受賞。
2008年「東京都中小企業ものづくり人材育成大賞」奨励賞受賞
2011年東京都主催「経営革新計画奨励賞」受賞
2012年東京都信用金庫協会平成23年度優良企業表彰・審査員特別賞受賞
2014年日刊工業新聞社主催「第43回日本産業技術大賞」審査委員会特別賞受賞、経済産業省主催「平成25年おもてなし経営企業選」選出、海洋立国推進功労者表彰内閣総理大臣賞受賞、第3回素形材連携経営賞「中小企業庁長官賞」受賞
2015年経済産業省主催「攻めのIT経営中小企業百選」選出
2016年「江戸っ子1号ビジネスモデル」グッドデザイン賞受賞、ものづくり総合支援施設「Garage Sumida」が「平成28年度東京都インキュベーション施設運営計画認定事業」に採択
2017年文部科学省主催「平成28年度青少年の体験活動推進企業表彰」審査委員会特別賞受賞
2018年経済産業省「日本ものづくり大賞」受賞

浜野製作所の場所や工場見学は可能?

【場所】

〒131-0041 東京都墨田区八広4丁目39−7

【工場見学】

どうやら1年間で1万人くらいの方々に工場見学訪れているみたいですね。

https://twitter.com/siwori88/status/1146428409632870401

スポンサーリンク


「浜野製作所と浜野慶一の現在は?場所や工場見学は可能?」のまとめ

ということで今回、

2020年5月7日(木) 19時57分~21時00分放送の奇跡体験!アンビリバボー。【下町の崖っぷち工場に起きた奇跡】で放送された

「浜野製作所と浜野慶一の現在は?場所や工場見学は可能?」

についてでした!

スポンサーリンク