TWICEミナの韓国語勉強法は?字や発音の実力は?

TWICEミナの韓国語勉強法は?字や発音の実力は?
 
 
今日本でも大人気のK-POPアイドルグループ『TWICE』のおしとやかで落ち着いていて、清楚なイメージを漂わせているメンバーといえば日本人メンバー3人の中の1人、ミナですよね。

とても綺麗な顔立ちをしていて優しさも滲み出ています。
 
 
すごく大人っぽいですよね。

大人の色気というのでしょうか。
 
 
日本人メンバーの3人とも韓国語は上手く「ネイティブだ。

などとも言われているようですが、どのようにして勉強し、そこまで上達できたのでしょうか。
 
 
ミナは特に日本人メンバー3人の中でも韓国歴は短いので、

今回はそのミナがどのようにして韓国語の勉強をしてきたのかという情報とミナの字や発音の実力などについてご紹介していきます。

スポンサーリンク





TWICEミナの韓国語勉強方法は?

ミナは2014年に JYP に入社しているので。

今現在での韓国での活動期間は約4年程度しかないんです。
 
 
そんなに短い期間であんなに韓国語がペラペラになれるなんてすごいですよね。

そこで重要な勉強方法なんですが、なんと韓国でやっているバラエティー番組を見て勉強していたそうです。
 
 
他にもドラマの字幕を見てわからないところをメモに書き留めて後から意味を調べたりなどして覚えていたみたいです。

確かに、普通に勉強するよりもバラエティー番組やテレビドラマで話している言葉で覚えた方が日常生活の中で使うような言葉が使われているので自分たちが日頃使うような言葉の参考にもなりますもんね。
 
 
賢いですね。

その辺、勉強の仕方がさすがです。
 
 
それにしても完全に独学で覚えていたなんてほんとに驚きます。

相当な努力をしたんでしょうね。
 
 
その他にもTWICEには韓国人メンバーがたくさん居るのでそのメンバー達からも教わったりしているみたいです。

身近に教えてくれる人がいるのも心強いですね。
 
 
スキンシップにもなったことでしょう。

TWICEミナのハングル文字ってどうなの?

なかなか日本でも芸能人の文字って見ることは少ないかと思いますがミナに限らず、日本人メンバーのハングル文字は可愛い、綺麗すぎると話題になっているようです。
 
 
ちなみにこちらが可愛いと噂のミナが書いたハングル文字です↓

正直、日本人の自分からしたら韓国人が書いたハングル文字との違いはそれほどわからないんですが確かに可愛い文字ですね。

ハングル文字自体が可愛いっていうのもありますが。
 
 
韓国人との違いがわからないくらい上手いということにもなりますよね。

しっかり文字も勉強して文章まで書けるなんて素晴らしいですね。
 
 
もともとK-POPが好きだったみたいなので日本にいる間にももしかしたら少しは勉強して覚えていたいのかもしれません。

K-POP好きな人はよくやりますよね。

わたしも実はひそかに勉強してます。

スポンサーリンク


TWICEミナの韓国語の発音は?

さて、韓国語はしっかり勉強していて話せるようですが発音まではどうなのでしょうか?

我々日本人からしたらすごくペラペラで違和感もなく聞こえて感じますがやはり韓国人からしたら私たちが外国の方が話す日本語を聞くような感じでカタコトのような印象はあるみたいです。
 
 
サナは結構うまいという噂です。

その中でもミナは他の2人、サナとモモに比べて韓国に居る期間が短く特に練習期間は短いので、1番うまく発音は出来ていないみたいですね。
 
 
わたし達が聞いても違和感がないのは、ミナは日本語風な韓国語の発音のようで、日本人には聞き取りやすく感じているのかもしれませんね。

それでも韓国では賞を受賞したときなどに日本人メンバーが発言することもあるので中々の腕前なのでしょう。

まとめ

このように、たくさん努力して勉強してきたのちのこの韓国語の実力。

韓国語で歌を覚えることに加えダンスも覚えて相当な努力をしているのでしょうね。
 
 
特にTWICEは新曲の出るスピードも早く感じるので大変だと思います。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です