梅原裕一郎の入院理由の病気の症状とは?復帰時期はいつ?

梅原裕一郎の入院理由の病気の症状とは?復帰時期はいつ?

 

2018年5月10日に声優の梅原裕一郎さんが入院したと事務所から発表がありました。

春アニメ、夏アニメと続々出演情報が出ていたのでファンはびっくりしたのではないでしょうか。

 

また、病気の名前も難しい名前でした。

仕事復帰の時期も不明で発表されたのでなおさら心配しましたね。

 

そこで、今回は、梅原裕一郎さんの「入院理由の病気の症状とは」「復帰時期はいつ?」について調べることにしました。

また、梅原裕一郎さんが病気で療養中の間にキャスト変更代役など発表があったので、そちらも見ていきたいと思います!

スポンサーリンク





梅原裕一郎の入院理由は?病気の症状とは

梅原裕一郎さんが発症した病気

急性散在性脳脊髄炎(ADEM)

という、発症が珍しい脳神経系の病気です。

 

この病気は、ウイルス感染後やワクチン接種後におきるアレルギー性の脱随疾患です。

脱随疾患とは、神経疾患にひとつで有髄神経の髄鞘が障害されることで起きる疾患のことです。

症状は、頭痛発熱項部硬直など髄膜炎症状です。

 

また脳のどの部分で発症したかによって症状が変わります。

大脳:片麻痺 半盲 失語 痙攣など
脳幹:複視 眼球運動障害など
小脳:運動失調 構音障害
脊髄:四肢麻痺 対麻痺 暴行直腸障害

 

実はこの病気は、子供が発症することが多いと言われています。

理由は、中所を打つことが多いからだと言われています。

 

成人は発症が少なく、珍しい病気となっています。

治療法は、ステロイドが処方されることが多いようで、絶対安静が必要です。

症状は、三日~数週間で発病します。

 

梅原裕一郎さんがこの病気のどの症状に当てはまっていたのかはわかりません。

ですが、後遺症も残っていないようなので、復帰の報告の時は安心しました。

梅原裕一郎の病気、入院でキャスト変更になった作品

梅原裕一郎さんの病気、入院が原因でキャスト変更が発表されたアニメがあります。

また、代役として複数の声優さんが代わりを務めました。

 

<代役>

■森川智之 – 『鳥海浩輔・前野智昭の大人のトリセツ』:ナレーション

 

■前野智昭 – 『Caligula -カリギュラ-』:峯沢維弦
      『千銃士』:イエヤス
     『銀魂.』:圓翔

 

■杉田智和 – 『多田くんは恋をしない』:杉本一

 

■大西弘祐 – 『スクール・オブ・ロック』:フレディ(リカルド・ウルタド)の吹替(第3回-)

 

■濱野大輝 – 『ダーリン・イン・ザ・フランキス』:ゴロー

 

<キャスト変更になった作品>

■ハッピーシュガーライフ(北埋川大地)→石川界人

 

■オトメイトから発売のゲーム『VARIABLE BARRICADE』(光森壱哉)→鳥海浩輔

 

ゲームの方は病気による変更ではなく、諸事情としてとなっています。

スポンサーリンク


梅原裕一郎がついに復帰時期!

梅原裕一郎さんはなんと!!

2018年8月7日復帰報告をしました!

どのくらいの復帰時期になるか不明だったので、長いと予想していました。

 

ですが3~4か月での復帰ということでうれしい限りです!

止まっているツキプロ。のユニット「SolidS」だったり、アイドルマスターなどの作品が再出発してくれるので楽しみですね!

まとめ

梅原裕一郎さんの病気の症状の名前は、「急性散在性脳脊髄炎(ADEM)」です。

成人男性の発症例は少ないですが難しい病気ではなく、半数の人が後遺症なしに治る病気です。

 

復帰時期は、もっと先になるかと思われていましたが、8月に復帰しました!

キャスト変更も少なかったので良かったです!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です