宮野真守の出身(中学・高校・大学)の偏差値や学部は?年収についても調査!

宮野真守の出身(中学・高校・大学)の偏差値や学部は?年収についても調査!

 

『DEATH NOTE』夜神月役など数々の話題作に出演している宮野真守さん

宮野真守さんは声優以外にも舞台、歌手活動にも力を入れています。

 

2015年4月、宮野真守さんの歌う『うたの☆プリンスさまっ♪』のオープニングソング「シャイン」は男性声優初オリコンデイリーランキングで1位を獲得しています。

声優界に新たな歴史を刻み込む宮野真守さん。

 

そこで気になるのが彼の出身中学高校大学は一体どこなのか、です。

そしてその学校の偏差値学部はどうであったのか?

また、気になる宮野真守さんの年収についても見てみましょう。

スポンサーリンク





宮野真守の出身中学はどこ?

宮野真守さんの出身は埼玉県です。

埼玉といえば、割と都心に近いイメージがありますが、自転車で外に遊びに行くなど適度な田舎環境で育ったアクティブな少年だったみたいです。

 

結論を言いますと、宮野真守さんの出身中学校はわかっていません。

宮野さんはアニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の公開アフレコの時に、中学時代の恋のエピソードを明かしました。

 

宮野さんから告白し、両思いになったみたいですが、結局恥ずかしがって相手と話すことができなくなったみたいです。

今の宮野さんをみているとこのようなエピソードは考えることができません。

 

ですが、少し不器用なところもギャップがあっていいと思います。

7歳で宮野真守さんは劇団ひまわりに所属していますので、このころにはもう子役として活動していたみたいですね。

宮野真守の出身高校はどこ?偏差値は?

宮野真守さんの出身高校は、埼玉県にある和光国際高校だそうです。

県立高校で、高校名に「国際」とあるだけに、英語教育に重点をおいており、海外へのホームステイ、留学生の受け入れなど積極的に国際活動を行っていることでも知られています。

 

和光国際高校は外国語科と普通科の2つ学科がありますが、宮野さんは普通科だと思われます。

外国語科と普通科の偏差値はそれほど変わりないですが、だいたい偏差値61くらいになります。

 

宮野さんは高校時代サッカー部に入部していたみたいです。

そして、高校3年生の時に、NHK教育の海外ドラマ『私はケイトリン』のオーディションに合格し、声優としてデビューしています。

スポンサーリンク


宮野真守の出身大学はどこ?偏差値や学部は?

宮野真守さんは、高校卒業後、大学には進学していないみたいです。

高校卒業後は、書店員のアルバイトをしながら、劇団ひまわりの全日制のクラスに入り、日々努力を重ねてきたみたいです。

 

当時の全日制のクラスは厳しく、毎日、アルバイトレッスンを繰り返す日々だったようです。

このような宮野さんの努力が報われて、現在第一線で活躍できているんですね。

 

もし宮野さんが大学進学していても、学部はわかりませんが、高校から推測できるように非常に高い偏差値の大学に進学することができると思います。

宮野真守の年収がすごい?

宮野真守さんは多種多様なジャンルで活躍されていますが、推定年収1億円と言われています。

声優業としては、アニメ、ゲーム、ナレーションなどがあり、舞台俳優業、歌手活動、ラジオ・テレビ出演、多岐にわたって仕事をこなしています。

 

年収1億円と聞き、本当かどうか疑問視してしまいそうですが、これほどまで仕事をこなし、加え第一線で活躍しているとなれば、この年収の噂はまんざらでもないかもしれません。

まとめ

今回は、宮野真守さんの出身(中学・高校・大学)、そしてその偏差値や学部、宮野真守さんの年収について調査しました。

中学校は不明で、高校は和光国際高校という比較的偏差値の高い高校でした。
 
また大学には進学しておらず、その後は劇団ひまわりの全日制で日々努力を重ねてきたみたいです。

年収については、推定年収1億円と驚く数字でしたが、今の宮野真守さんの活躍をみると納得できます。

 

これからも様々なジャンルで活躍する宮野真守さんの活躍を追っていきたいと思います。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です