TWICEリーダーは誰?ナヨンではなくジヒョ?決め方や理由を徹底調査!

TWICEリーダーは誰?ナヨンではなくジヒョ?決め方や理由を徹底調査!

 

9人それぞれの個性が際立つ人気K-POPガールズグループの『TWICE』。

メンバーごとの個性が強い印象で、9人それぞれが各分野で実力や人気を発揮しています。

2015年デビューからK-POPガールズグループの一線で活躍し、これまでにもガールズグループ史に残る記録を数々と打ちたててきています。

 

そんな超人気グループTWICEを束ねるリーダーは誰なのでしょうか?

ナヨンやジヒョがリーダーとして挙げられていますが正確にはどちらなのでしょうか?

そんなTWICEのリーダーにまつまる疑問リーダーの決め方リーダーに選ばれた理由について今回はまとめてきます。

スポンサーリンク





そもそもグループリーダーの決め方って?

そもそもK-POPグループのリーダーがどう決められているのか疑問ですよね。

一般的には、グループ内のオンニ(最年長)がリーダーを務めることが多く、所属事務所側がグループを結成している時点で決めていることが多いようです。

 

リーダーを現在採用していない少女時代もデビュー当時は最も生まれが早いテヨンがリーダーを務めていました。

TWICEと同様にトップガールズグループとして人気のRedVelvetも最年長者のアイリーンがリーダーを務めています。

ApinkやLovelyzなども同様に、チョロンやベイビーソウルなどの最年長者がリーダーを務めています。

 

では、TWICEのリーダーはグループ内での最年長者が務めているのでしょうか?

もう少し深く見ていきます。

TWICEリーダーは誰?やはりナヨン?


結論から述べますと、TWICEのリーダーはナヨンではありません。

では、なぜナヨンがリーダーとして思われる方が多いのでしょうか?

 

それは、前述した最年長者がリーダーを務めるという一般的な法則に合致するからです。

TWICEの最年長メンバーナヨンなんです。

ナヨンがリーダーと誤解されるのは、最年長者ということだけではありません。

 

1つは、ナヨンはデビュー前練習生の頃から、ダンス、歌唱、ビジュアルの面で高い基準の才能の持ち主で、その才能でデビュー前には、人気ボーイズグループGOT7のミュージックビデオにも出演しておりデビュー前から知名度の高いメンバーであることがナヨンがリーダーという誤解を生んでいます。

 

また、ナヨンの持つカリスマ性は、公開オーディション番組を通じても発揮されキーパーソンとして大きな関心が寄せられていました。

さらに、TWICEの楽曲はナヨンのパートから始まることが多く、ジヒョと共にメインボーカルを務める実力で、サビではセンターポジションにいることが多い印象です。

こうしたことがナヨンがTWICEのリーダーであるという誤解を招いている要因と考えられますね。

スポンサーリンク


TWICEのリーダーはジヒョ!理由は?

https://www.instagram.com/p/BeVYHsmgNGA/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=1plcfchtns86p

もったいぶるような感じになりましたが、TWICEのリーダーはジヒョです。

パワフルなボーカルの持ち主としてグループを牽引しており、セクシーなボディラインの持ち主としても人気のメンバーです。

 

TWICEのリーダーがジヒョに選ばれたのは、TWICEメンバーを決める公開オーディション番組「SIXTEEN」の際に、所属事務所の代表パク・ジニョンが、人間性を判断する審査の際に1位を獲得したことが大きな要因の1つと考えることが出来ます。

 

他メンバーが遊びにいってしまい1人宿舎に取り残されたツウィを自身の家族旅行に招待したシーンなどは非常に心温まるシーンとして印象的で、ジヒョの人間的な心の綺麗さが垣間見ることが出来ます。

 

また、10年以上という長い期間を練習生として過ごし、数々のグループのデビューを見てきたからこそ、デビューの有難さとグループを大切にする姿勢に期待が集まっていたからでもあるでしょう。

練習生の期間の相場が3年から長くて5年であることを考えると、ジヒョは長い下積みを経験していることがわかり、苦労を知り、諦めない姿勢がリーダーには必要だとパク・ジニョンは考えたのかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか?

ジヒョがTWICEのリーダーに決定した理由には多くのドラマと心温まるエピソードがあることが確認できますよね。

 

実は、リーダージヒョはナヨンのことを頼りにしており、リアリティー番組で、ナヨンとの交流の長さと気持ちの疎通を互いに感じ取ることできる存在として感謝し、涙を流すも必死に隠そうとする姿に、リーダーとして強くあろうとするジヒョの姿勢を感じることができます。

ナヨン、ジヒョが今後もTWICEの中心メンバーとしてグループを牽引していく姿に注目したいですね。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です