杉田智和の出身(中学・高校・大学)の偏差値や学部は?年収についても調査!

杉田智和の出身(中学・高校・大学)の偏差値や学部は?年収についても調査!

独特の低音ボイスでアニメなどには欠かせない声優の杉田智和さん

声だけでなくご本人のキャラクターも個性的で男女問わず絶大な人気を誇ります。

杉田智和さんは高校在学時から声優として活動していたようですが、大学にも進学しています。

 

では、一体どのような学生時代を送ってきたのでしょうか?

そこで今回は、出身中学高校大学を中心にみていきたいと思います

また偏差値学部はどうだったのでしょうか?

そして気になる年収についても調査してみました!

スポンサーリンク





杉田智和 プロフィール

名前:杉田智和
生年月日:1980年10月11日
血液型:B型
出身地:埼玉県
代表作:『ジョジョの奇妙な冒険』(ジョセフ・ジョースター)、『涼宮ハルヒの憂鬱』(キョン)、『銀魂』(坂田銀時)など

杉田智和の出身中学、偏差値は?

杉田智和さんの出身中学については情報がありませんでした

ただ、杉田智和さんは出身地が埼玉県で、高校も埼玉県の公立高校に進学しています。

なので、中学も地元の公立学校ではないでしょうか?

 

ちなみに中学時代はテニス部に所属しており、部長も務めていたそうです。

周りに人が集まる杉田智和さんの魅力はこの頃からあったのかもしれませんね!

スポンサーリンク


杉田智和の出身高校、偏差値は?

杉田智和さんの出身高校埼玉県立小川高等学校です。

2018年の偏差値46です。

クチコミでは自由で穏やかな学校のようです。

校則は最近厳しくなったとの声があったので杉田智和さんの在学時はゆるかったのかもしれません。

 

そんな杉田智和さんは少林寺拳法部に所属しており初段にまでなったそうです!

ちなみに小川高校の少林寺拳法部はとても強いらしく全国大会の常連とのこと。

杉田智和さんも大きな大会に出ていたのかもしれませんね。

 

そして、杉田智和さんが声優を目指し始めたのは高校時代でした。

学校行事で芝居の脚本を書いたことがきっかけだったようです。

脚本に自らの声をあてたりBGMをつけたりしたものを兄に聞かせたところ、「声やしゃべりを生かした仕事に就いたらどうか」と言われたことで声優の仕事に興味を持ったそうです。

 

そして、杉田智和さんはCSで放送されていた『仮面ライダー』のプレゼント告知ナレーションに参加し声優デビューを果たしました。

高校三年生のときには声優養成所にも入所します。

すごい行動力ですね!!

 

このまま声優まっしぐらかと思うような高校時代ですが、杉田智和さんは同時に大学受験もしています。

しかし、受験のほうは失敗してしまい予備校に通うことになったため、養成所にはなかなか行けない生活になってしまったようです。

杉田智和の出身大学や偏差値、学部は?

杉田智和さんは一浪で大学に進学します。

声優の仕事も同時に続け、授業の合間にバイクでアフレコ現場に向かうという生活を送っていたそうです。

 

では、杉田智和さんが通っていた大学はどこなのでしょう?

実は大学については明かされていません!!

 

噂では『筑波大学』と『東海大学』の2大学があがっています。

本当なのでしょうか?真相を追ってみましょう。

 

①筑波大学

筑波大学は茨城県の国立大学で、2018年偏差値は5567.5です。

杉田智和さんが筑波大学の近くのお店についてラジオなどでよく話していたことから、筑波大学に通っていたのではないかという噂が生まれたようです。

しかし、杉田智和さん自身が私立大学を卒業したとラジオで語っています。

なので、筑波大学は当てはまりませんね。

 

②東海大学

東海大学は神奈川県に本部を置く私立大学で、2018年の偏差値は3565です。

杉田智和さんは出身大学について、トップレベルではない文系の私立大学と話しています。

また、バイクで収録現場に行ける距離ということで東海大学ではないかと言われています。

でも、他にも条件に合う大学は多そうですね。

なので、東海大学の可能性はありますが断定はできないでしょう。

 

いずれにしても、声優と学業の両立は大変だったでしょうね。

杉田智和さんの行動力と努力が今の活躍につながっているのですね。

杉田智和の気になる年収は?

さて大学卒の杉田智和さんの年収はどれくらいなのでしょうか?

 

声優のギャラは日本俳優連合という組合の規定に則った金額で支払われます。

学歴は収入には反映されません。

声優のランクによって1本の出演料が決まっており、主役でも脇役でもギャラは同じだそうです。

 

杉田智和さんは多くの作品で主演していますが、主役だからたくさん稼いでいるというわけではないのですね。

杉田智和さんは「サラリーマンの平均よりもちょっと上」とラジオで発言しています。

同じ30代のサラリーマンの平均年収は500万円ほどです。

 

また、杉田智和さんは声優だけでなく、作詞家や脚本家としても活動しているので副収入は多いのではないかと言われています。

そのため杉田智和さんの推定年収600800万円くらいではないでしょうか?

まとめ

杉田智和さんの中学高校大学、そして年収について見てきましたがいかがでしたか?

残念ながら中学・大学についてはよく分かりませんでしたが、学業と声優の仕事を頑張っていたことが分かりましたね。

脚本を書いたことがきっかけで声優を目指し、今また脚本を書いているって素敵なことだなと思いました。

今後もマルチな才能で活躍してほしいですね!!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です